まるやしのぶ Bonjour!

絵本が出来るまでの道のりを日々の生活と共に綴っていこうと思います。
<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
宇多田ヒカルさんの休止にまつわる誤解について
何やら世の中、スターゆえの日常生活への憧れといった誤情報が流れてしまっていたりするらしいのですが、これは大変な間違いでポジティブな休止なのだということ、ちゃんと伝わったら良いなと思います。

以下、宇多田ヒカルさんの8/11のブログを転載させて頂きます。






<これは言っておかねば>



これは黙っちゃいられん。

スポニチの私に関する記事で、EMIのプロデューサーの三宅さんの発言が掲載されて、今の私の「気持ちを代弁」してるって書かれてるんだけど、

それを見て私は「なんじゃこりゃ!」と大変驚きました。

あんまり私の気持ちを代弁してません(笑)

要約すると、15で有名になった私はマックにも渋谷109にも行けなくなった、と。得たものもあるけど失ったものも大きい、と感じているようだ。っていうような内容なんだけどね。

あんまりっていうかだいぶ論点がズレてしまってるので、びっくりして三宅さんに電話して事情を聞いてみたの。どういうこっちゃ、こりゃ、と。説明してくれませんか、と。

三宅さんが言うには、スポニチから電話がきて、三宅さんが対応したと。で、彼が話した内容をちょっといじられて、プラス、10年前くらいの取材で話した内容を混ぜられてしまって、ああいう風になってしまった、と。あんなことは今回言っていない、と。

まあ私も取材の内容をいじられて、意図したことと違うような書かれ方をされたことはあるから、それは分かるんだ、が


でも、こりゃ 

あんまりだ~!

あまりにも私の気持ちと違いすぎる!
(´;ω;`)ブワ

マックとか109とか、く、くだらな過ぎる_| ̄|○

分かりやすい固有名詞を出せばゴシップ好きの連中が食らいつくって分かってて書いたんだろうけどさぁ・・・

っていうかファストフード店だって入るしコンビニのトイレだってかりるし普通に電車乗るし_| ̄|○

そんな、そんな低レベルな理由で来年から活動休むなんて思われたら死んでも死にきれん!(笑)

いや、それよりも、問題は

「失ったものが多い」だなんて感じてない!

「失う」ってなんだ?!

生きてりゃ得るもんばっかりだ!

なぁ?(*´ー`*)

少なくとも私はそう思って毎日生きています。

とりあえず以上であります!
“(`(エ)´)ノ彡☆ !!
[PR]
by maruyashinobu | 2010-08-15 22:27
宇多田ヒカルさん
私は彼女の人柄が大好きで、作る作品達も大好きです。
彼女の音楽に惹かれるようになったのは、アルバム3枚目頃からだったと思います。
その後新しく発表される曲がその度にいい!って思えるのは、彼女がヒットを意識している訳では無くて、純粋に自分の音楽と向き合っているからだと思います。
更新されたブログを見て、やっぱり大好きだなと思いました。
今後の彼女がますます楽しみで、人としてますます魅力を増すことと思っています。

以下、宇多田ヒカルさんのブログをそのまま転載させて頂きます。






<久しぶりの大事なお知らせ>



「低い天井の部屋で踊ってる衝撃的なPV」(笑)と言われた「Automatic」のデビューから、早いもので12年が経ちました。当時15才でした。


最近、初めて会う人に、「まだ27だったんですね~!なんかキャリアがすごく長いイメージがあるからもう30くらいだと思ってました~。デビューした頃すごく大人びた印象だったし」と、言われます。


27才、若いっちゃあ若い・・・でももうそんなに若くない。


振り返ると、15才からずっと音楽ばっかりやってきました。「宇多田ヒカル」が音楽に専念できるように、周りから過保護に守られた生活をしてきました。人からは、年のわりには人生経験豊富だね~なんて言われるけれど、とても偏った経験しかしていません。


この仕事のおかげで普通じゃできないようなことも出来ました。ファンのみんなにも、ずっと一緒にやってきたスタッフにも、とっても感謝してます。


でも、アーティスト活動中心の生き方をし始めた15才から、成長の止まっている部分が私の中にあります。それは、人として、とても大事な部分です。


この12年間、アーティストとしては色んなことにもチャレンジしたし、少しは成長できたと思います。でもこれ以上進化するためには、音楽とは別のところで、人として、成長しなければなりません。


そういう気持ちから、一つ大きな決断をしました!




来年から、しばらくの間は派手な「アーティスト活動」を止めて、「人間活動」に専念しようと思います。




これは「引退宣言」ではありません!でも、「休養」でも「充電期間」でも無いんです。


むしろ熱心に、そして謙虚に、新しいことを勉強したり、この広い世界の知らないものごとを見て知って感じて、一個人としての本当の自分と向き合う期間になると思います。それは「アーティスト活動」とは違う、「人間活動」かな、と。


そしてそれが結果的にはアーティストとしての私の成長につながるはずです。


もちろん、その間、気ままに音楽を作ったり、歌ったりも、してると思います。


人として少しは成長できたかな、と思った時、自然とまた、音楽をみんなに聴かせたい!と思った時がきたら、そうする時です。




このままファンに姿を見せないで隠れるみたいになるのもイヤだなと思って、気持ちよく「人間活動」に突入するためにも、今年いっぱいは、ぱ~っと音楽活動したいと思います!


まず、秋に、シングルコレクションvol2をリリースします。vol1以降、けっこうシングルもたまってたからね。


今回は、新曲も入るよ!


4曲くらいになるかな。できたら5曲・・・!最近の私の気持ち、心境の変化が伝わるような、新曲たちになるように、がんばってレコーディングしてる真っ最中です。発売日が決まったらすぐ発表するからちょっと待っててね。


それ以外にも決まってることあるんだけど、おいおい発表していくよ!久しぶりに出演もするCMとかね・・・いろいろありますので!




来年からしばらくアーティスト活動をおやすみしたいっていう私の相談に応じてくれて、理解を示してくれたEMIのスタッフのみんなに、本当に感謝してます。


今まで、いつもヒヤヒヤさせたり、心配させたりして、それでもずっと私を信じて、支えてくれました。本当にありがとう。


今回のことでも、また私を信じて、待っててくれるんだと思うと、安心して「人間活動」に専念できます。


ファンのみんなが、この私の決断をどう受け止めるかは、一人一人違うと思うけれど、私を信じて、待っててください。2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください。


まあその前に、この秋、冬、と、新曲も発表して、みんなに今の私を見てもらう場も、交流する場もあるはずだから、今日はこのこれくらいにしておきます。(期間限定でtwitterやってみようと思ってるんだよね!そしたら直接受け答えもできるし)


最後に、長いメッセージ、読んでくれてありがとう。今の私の気持ちが少しでも伝われば、いいなと願ってます。


2010年 8月9日  


宇多田光
[PR]
by maruyashinobu | 2010-08-10 15:21
藤田嗣治さんの面影を求めて3〜Reimsフジタチャペルと美術館編〜
フジタチャペルをスケッチしていた時
e0194901_1631073.jpg

天使のようなこの子は、私に花をプレゼントしてくれました。
e0194901_163824.jpg

よちよちと歩いて摘み取ってきては
e0194901_1631410.jpg

何度も何度も
e0194901_1634387.jpg

こんなにたくさん。すごく嬉しかった出来事でした(*^ー^*)♪♪♪
e0194901_1631972.jpg



ちょうどこの時期、ランス市立美術館(Musée des Beaux-arts)で
e0194901_1633328.jpg

藤田嗣治さんの展示が開催されていました。
e0194901_1633037.jpg

この美術館はランスの大聖堂のすぐそばにあります。
e0194901_1632688.jpg

e0194901_1632385.jpg

中の撮影は出来なかったけれど、日本での回顧展で観ることが出来た、巨大壁画に再び出逢うことが出来ました。
日本とは違って、作品との間に仕切りが無かったり、柵の位置が絵に近かったりして、触れてしまえるくらいの間近な距離で鑑賞することが出来ました。
全盛期の頃の作品は少なく、晩年に描かれた、自由な彩りの作品が多かったです。
私が特に感動したのは、動く藤田氏の姿と声を、映像で観ることが出来たことです☆
藤田氏の肉声は、思っていたよりも高音で、少しキンキンとした響きだったのが意外でした(^ー^)☆
大聖堂での洗礼の様子と、インタビューに応じる姿。
そして、魚(確か鯛です)を描いている映像も観ることが出来ましたが、下描きも無くすらすら描きあげるまでの時間は、1分もかかっていなかったかもしれません。。仕事が早いと言われていた藤田氏の手さばき、さすがでした!
e0194901_1634098.jpg

フランスでは、夜に美術館などの施設が無料で開放される日があるそうです。
ランスでは4泊したのですが、滞在中に偶然知ることが出来て、再度、美術館に行ってきました☆
e0194901_1634622.jpg

子供たちがアートを身近に楽しめるように、クイズ形式のカタログが販売されていて、たくさんの子供たちが訪れていました。
学芸員の方々は藤田さんの展示テーマ「天使と悪魔」のイメージ通り、コスプレをして雰囲気を盛り上げていたり(写真撮ってくれば良かった〜)、音楽の演奏を生で聴けたり、これが無料で楽しめるなんて、フランスが文化を身近に接することが出来る体制が整っていること、肌身で実感しました。
フランス人が歴史に詳しかったり、政治に興味を持っているということ、これが自然なのも納得です☆日本でも取り入れて欲しいシステムですね。
e0194901_1635173.jpg

奥に見えるのは、美術館の中庭から見えた、夜の大聖堂です。ライトアップされて綺麗です。
e0194901_1633726.jpg

都会ながら、治安の良い街。中心街は夜でもあまりコワくありません。
(でももちろん油断大敵です☆)
e0194901_1664096.jpg

移動日の朝は久々の晴天で、大好きな鱗雲が綺麗でした。
e0194901_1664574.jpg




<つづく>
[PR]
by maruyashinobu | 2010-08-06 16:25
藤田嗣治さんの面影を求めて2〜Reimsフジタチャペル編〜
藤田さんの手掛けた礼拝堂はランスの中心地から少し離れたところにあります。
ランスの駅(この駅が広くて出口迷いました!)の出口を左に進んで、シャンパンのMUMM(マム)社を目指して行くとわかりやすいです。
e0194901_20312656.jpg

この広大な敷地内に、フジタチャペル、Chapelle Notre-Dame de la Paix(平和の聖母礼拝堂)があります。
e0194901_19513789.jpg

この日は天気が少し悪かったので空が曇っています(*^ー^*)
e0194901_19463738.jpg

藤田さんのこだわりが細部にたくさん詰まった礼拝堂。
この鐘、スケッチするまで左右の大きさが違うことに気が付きませんでした。
e0194901_19513245.jpg

この風見鶏は、私がどうしてもこの目で見たかったもの。この礼拝堂の存在を知った時から、私の心をガッチリつかんだものでした。大感動☆☆☆
e0194901_1946516.jpg

これは入り口の左側にあるレリーフ。魚の中に人魚がいます。
e0194901_19464769.jpg

これは入り口の右側にあるレリーフ。これも私がどうしてもこの目で見たかったもの!この羊には、「聖なる子羊」という意味があるそうです。神への捧げものなのでしょうかね。
e0194901_1946431.jpg

右側にまわって
e0194901_1947586.jpg

ぐるり
e0194901_19471554.jpg

ぐるり
e0194901_194719100.jpg

ぐるり
e0194901_19472620.jpg

一周りしてみました(*^ー^*)
e0194901_19473220.jpg

中は撮影禁止だったので、頑張って入り口から。
e0194901_19465712.jpg

ボケちゃいましたが、藤田さん肉筆のフラスコ画です。生で観ると、油彩の作品とは違って、筆のタッチがよくわかります。彼の初挑戦のフラスコ画は、乾く前に仕上げなければならなかったという、苦労と難しさが伝わってきました。
e0194901_1947124.jpg

入り口に向かうご夫人の後ろ姿が、この礼拝堂の雰囲気に、とても合っていました。
e0194901_19465495.jpg




<追記>
壁面いっぱいに描かれたフラスコ画の中には、お2人の姿も描かれています。
現在、この礼拝堂の中で、藤田嗣治氏と君代夫人は安らかに眠られており、入り口から右奥側にある窓辺の石碑の前で、私もお祈りしてきました。
礼拝堂の中には、藤田さん直筆のフラスコ画の他に、彼のデザインによるドクロなどのモチーフで作られたステンドグラスが窓を彩っています。





<つづく>
[PR]
by maruyashinobu | 2010-08-03 21:15


by maruyashinobu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  まるやしのぶホームページ

こちらからどうぞ
最新の記事
2014.5/1〜8/31 ..
at 2014-05-06 05:53
ボローニャフェアからの返信
at 2013-10-14 16:47
2014ボローニャフェア
at 2013-10-05 22:03
DJみそしるとMCごはん/マ..
at 2013-08-09 22:32
木村さんおめでとう!!!
at 2013-08-04 22:14
以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧